理学療法とは

リハビリテーションのひとつである理学療法は、国家資格を取得した理学療法士によって実施されるものです。病気やけが、障害や加齢などによって運動機能が低下した状態にある方に対して、運動や温熱、電気や水、光線などの物理的な手段を使って、運動機能の維持や改善を目的に行われる治療法です。最大の目的は身体機能や運動機能の回復にありますが、失って元に戻らないものもあるため、日常生活活動の改善や生活の質の向上を目指すために行われることもあります。健常者なら普通にできて当たり前の、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの動作が、病気やけが、障害によってできなくなると排せつや着替え、食事を一人で行うことが難しくなります。理学療法士は、体に不自由を抱えながらも自分らしく生きるための能力を少しでも回復できるようにサポートします。

理学療法士は、病院や高齢者、障害者が利用する福祉施設など、活躍の場が広がっており、理学療法が医療行為に位置付けられているため、医師の指示に基づいて行われるのが一般的です。また、ストレッチや筋肉トレーニングなどのプロでもあるため、アスリートのパフォーマンス向上やケアに携わる方も増えています。